banner_sen_report

32人の大家族、点と点がつながり線へ。建物に想いを込めた名前が、現実へ。

今回は、大阪市東住吉区区にある「SEN OSAKA -TESEN-」のご紹介です。
緑の多い東住吉区は、南北に広がり大阪市内でも3番目の大きさ。特徴的なことは坂が少なく、市内でも賃貸というよりは分譲マンションや一軒家が立ち並ぶ場所となっており、一時的に暮らすというよりは「長く暮らす」場所として人気が高いエリアとなっています。また、国際大会で利用されることが多い日本有数の競技場である長居陸上競技場があるのも、ここ東住吉区です!!セレッソ大阪の本拠地としても有名ですね。Jリーグのなかでも熱狂的なファンが多いことで有名なセレッソ大阪。これもここに暮らす住人達の街への想いの強さが自然に表れているのではないでしょうか。

「SEN OSAKA -TESEN-」の最寄駅は2路線でどちらの駅からも徒歩5分。2つの路線の駅名は、地下鉄谷町線「駒川中野駅」近鉄南大阪線「今川駅」です。谷町線は大阪市営地下鉄の中では、御堂筋線についで2番目に利用客数が多い路線。大阪という大都市で重要な路線の一つといえますね。そして、ここに暮らすことをオススメしたいポイントのもう一つでもある駒川商店街の存在!大阪府民でない方には知名度が低いかもしれませんが、十三の商店街などとも引けをとらないほどの大阪を代表する商店街の一つとなっています。ローカル感が溢れ、街と人が近いということを実感してくれるのではと思います。住む場所のシェアハウスというコミュニティ加えて、街というコミュニティにも触れられることができるのもこちらのシェアハウスの醍醐味だと言えますね!

「SEN OSAKA -TESEN-」運営会社日本レイズでは、別事業で、世界中のゲストハウスの中から43施設の一つとして取り上げられたこともあるオシャレ系ゲストハウス「ホステルみつわ屋大阪」も運営中。さらに城東区では「SEN OSAKA -TESEN-」という大型シェアハウスとは対照的に、少人数系シェアハウス「ZEZE OSAKA -TESEN-」も「SEN」とほぼ同時期にオープンしています。すべて同じデザイナーの手によりお洒落な箱へと仕上がっています。次々とコミュニティ空間を大阪に生み出してくれ、大阪のシェアハウスのレベルを格段にあげてくれています。面白い会社があれば街も元気づきますね。

少々長々と説明してしまいましたが、大型シェアハウスの全貌覗いてみてみましょう!!

「SEN OSAKA -TESEN-」360度カメラでバーチャル物件見学を体験をぜひ! 

1A_sen_common_01

カフェのようにリラックスできる広いリビング。自分の特等席を見つけたくなる。

玄関から入ると大きなリビング。「ただいま」と「おかえり」が自然と出てしまう場所。料理をしながら話すことができるのも楽しいですね。普通の家にはあり得ない大きな空間、それでも家庭的な空間として感じることができるのは、やはりデザイナーだからこそできるプロのお仕事です。

2J4A6585_r

大家族で集う時間はかけがえないのない時間。人生の中でこういった時間もきっと必要。

2J4A6500_r

入居者たち各々で作る料理。皆が集まれば、自然とちょっとした食事会に。

1C_sen_hallway_03

玄関に入ると左手にお家の主役、リビング+ダイニング+キッチン。

1C_sen_hallway_04

玄関の右手には大きな靴箱。1人一つの箱で靴も4つは収納可能。

1C_sen_common_02

ソファ空間とデスク空間。大きなテレビは、ネットフリックスで映画鑑賞可。 

1C_sen_common_03

壁側にあウッディーなカウンタースペース。集中したい時などに使いたい場所。

1C_sen_common_05

キッチン側からのリビング全体像。電球がにくい!温かい灯に包まれ和やかリビング。

1C_sen_kitchen_01

2つのキッチン。大きめなシンクと使いやすい大きんIHのキッチン。

1C_sen_kitchen_02

右手には入居者たち個別の棚の空間と大きな冷蔵庫が3つ。

1C_sen_kitchen_03

ターコイズのタイルが印象的。キッチンに少しのアクセントが優しいデザイン。

1C_sen_common_04

新品の炊飯器やレンジ、トースター。そして鍋も。シェア生活を楽しむアイテムです。

1C_sen_hallway_01

木目のフローリングと白い壁。大きな家にも関わらずもファミリー的な一軒家雰囲気が最高。

1C_sen_out_01

SENの玄関外観。住宅街の中にある、こんな大型シェアハウスがあるのも珍しい。

1C_sen_out_02

シンプルな黒色のSENの表札。住宅街のなかに溶け込んでいます。

2B_sen_mizu_02

5つの洗面台が並んだこちらのスペースはアイドルライトをイメージ !

洗面台も大きな空間。こういった空間もシェアハウスならでは。シェアメイト達と横に並んで何気ない雑談も大切な日常の一風景となりそうです。

2B_sen_mizu_03

洗濯機と乾燥機3つずつ。独立した空間にあるので時間も気にせずランドリー!

2C_sen_mizu_04

洗濯機乾燥機の前にシャワールームが4室。シャワー中に洗濯も!?

2B_sen_mizu_02

洗面台の後方には入居者全員分の十分な棚数が完備!

2C_sen_mizu_05

トイレはウォシュレットつき暖房便座。シェアハウスだからこそ質の高い生活を。

2C_sen_mizu_06

ランドリースペースからの一枚。ドライヤーも完備されています。

3A_sen_room_S_01

個室でプライベートもしっかり確保 。一人暮らしのようなシェア生活希望の方はこちら!

1人専用のお部屋。備え付けの家具は同じですが、家具のカラーは部屋ごとに違います。シェアハウスでは個別の空間がないのではと考えられる方もいますが、1人部屋も確保できる設計になっています。 ! 

2J4A6216_r

もう一人じゃない!ドミトリーという一周回って新しい暮らし方。

こちらのお部屋は二段ベッド備え付けのドミトリールームとなっております。同じ空間で過ごすシェアメイトとは何でも相談しあえる友達になれそうです。賃料を押さえたい方や、シェアハウスならではの暮らしを経験したい方にお勧めです!!お部屋の見学もこちらからぜひ →バーチャル見学スタート

 

いかがでしたでしょうか。今回紹介したシェアハウス「SEN OSAKA -TESEN-」はまさに大家族の暮らしを楽しみたい方にとってはベストな選択となると思います!通常の大型物件が持つ無機質な雰囲気とは対照的な家庭感は、住人たちの落ち着いた生活をサポートしてくること間違いなしです。価格もドミトリーであれば、新築物件を考慮すると、大阪でもかなりリーズナブルです。家賃を抑え趣味や好きなことにもっと没頭できるかも!?ですね。
2018年春新生活を人生のターニングポイントにしたい方は、こちら「SEN OSAKA -TESEN-」のコミュニティへ飛び込んでみてください。暮らし方が変われば人生もかわります!

今回、同時期にオープンする「ZEZE OSAKA -TESEN-」も注目です。少人数のコミュニティを楽しみたい方はこちらチェックしてみてください。

/Author: テルヤ