シェアする暮らしをスタートするなら、こんな空間で。

同じ建物の中で、他人同士が一緒に暮らすシェアハウスというライフスタイル。

ほんの数年前は多くの方に驚かれたり、本当成り立つのか、と疑問を持たれていたのが、遥か昔に感じるほど、社会に浸透した印象のシェアする暮らし。
今年は更に「シェア」の広がりを進めるべく、新しくシェアハウス運営を開始される事業者さんの存在を感じます。

一般的なスタイルと認知されることによって、今までと違うアプローチが生まれ、より大きな輪となって、更にシェアハウスの可能性を広がっていく、シェアハウスという業界は、今、そんなステージにいるのかもしれません。

今回、ご紹介するのは神奈川県横浜市・青葉台に新規オープンする『シェアリザイド青葉台』。

運営は、レンタルオフィスやコワーキングスペースを運営する「ワイム総合企画」さん。他業種とはいえ、不動産業界で蓄積してきた他事業での経験やノウハウを活かし、シェアのマイナス面を一つ一つ無くすよう設計した「シェアハウスの理想形を提供したい」という思いを口にされるだけに、訪問前から期待が膨らみます。

場所は、青葉台駅から降りてまっすぐ、南の方角へ向かってずーっと歩いて行くと、四階建ての建物に、『SHARE RESIDE』のサインが見えてきます。
外から眺めると、この建物のせり出したガラス張りの一室に、巨大なテレビが設置されたお部屋が、ぽっと明かりが灯り見えてくるので、
通りを歩く人は「この建物はなんだろう」と気になってしまう人も、きっと多いはず。

新しく始めるからこそ、思いやこだわりが沢山詰まった空間。色んな発見やおもてなしの心を見つけることができるのではないかと期待を胸に、訪問したいと思います。

それでは、『シェアリザイド青葉台』。早速、のぞいてみましょう。

『シェアリザイド青葉台』の物件詳細はこちら

 

blog_icon_living_b02

1F_玄関_01 

1日の始まりは、美味しいコーヒーを。おはようの声と一緒に。

玄関をくぐると左側に真っ先に飛び込んでくるのは、大きな大きなリビングの入り口。

それもそのはず、この建物1Fには、大きなリビングダイニングにリラックススペースに、ワーキングスペースにキッチンの空間がつながっています。
海岸のカフェや、北欧のリビングを感じさせるインテリアに囲まれた空間は、リラックスした気分でのんびり過ごせそうです。

複数人でくつろげるスペースが複数共存しているだけに、ぜひお気に入りの場所を見つけてほしいところ。

注目ポイントは多々ありますが、ここで暮らす人達にとっての嬉しい情報として、無料で使用できるコーヒーメーカーの存在にふれない触れない訳にはいきません。
コワーキングスペース横に設置されたコーヒーマシンは日本製の本格派。開放感溢れる空間で、挽きたての美味しいコーヒーがいつもで飲める。

忙しい朝でも激務の仕事を終えた帰宅後でも、「おはよう」や「おかえり」の声と一緒に豆から挽いた香り高い一杯を差し出されたら、優しく心をリセットできるはず。

 
1F_living_03 (1)
 
sharereside_coworkng
1F_living_07 かふぇてら 
室内に置かれたセンスの良いインテリア。座り心地も抜群。 コーヒー好きにはたまらないコーヒーメーカーは日本製。
1F_living_17 1F_living_10 (1)
こちらはリラックススペースの様子。映画鑑賞にピッタリな大型テレビ前のスペース。

リラックスを別角度から。

 blog_icon_kitchen_b03

 1F_kitchen_01

「最新技術の掛け算で、いつもの料理をもっと楽しく。」

実家にいた頃に自炊の練習をして来れば良かったと、引っ越してから後悔する人もいるかも。キッチンには料理に必要な調理器具は一通り揃っています、冷蔵庫の中には最低限の食材も入っている。だけど、何を作れば良いのか分からない! というか、作れない!

「ちょうど二人分のレシピだって。一緒に作ろう」
シェアメイトの笑顔に頷き返す。うん。なんだか美味しいものが作れそうだ。

1F_kitchen_02 1F_kitchen_15 (1)
開放的なキッチンはリビングと繋がっています。 棚の上にずらりと並ぶ、ルクルーゼやストウブのキッチンアイテム。沢山作れるので休日に皆で料理をするのも楽しそう。
1F_kitchen_13 1F_kitchen_11
個人ではなかなか手を出せない最先端のキッチン家電も揃っています。個人的に「良いな!」と思ったのが、電子レンジの『bistro』。蒸すのも揚げるのも、これ一台でOK。 各部屋ごとに調味料などを保管できるストッカーは、奥行きのあるタイプ。

  blog_icon_room_b04 

3F_room_309_01

「プライベートを楽しむ時間だって、妥協しない。」

こちらは、30●号室(モデルルームの様子)女性タイプ。

シェアハウスの生活は楽しい。住民同士で協力し合いながら暮らす毎日は、一人暮らしでは決して経験できないエキサイティングな日々。シェアメイトに影響されて好きになった音楽ができたり、シェアメイトに触発されて始めた新しい趣味ができたり。

だけど平日働いていると、たまには一人の時間を過ごしたくなるのも正直なところ。周りに誰もいない静かな環境で、積ん読していた本を読みふけったり、今後のプランについて思いを馳せてみたり。そんな時間だって欲しいはず。

一日部屋で過ごしていたら、あっという間に夜になってしまった。
シェアメイトは休日をどんな風に過ごしたんだろう? リビングに行こうとドアを開けたら、ちょうど同じタイミングで向かいのドアが開いた。

互いに支え合っているけれど、それぞれちゃんと独立している。そんな関係。

3F_room_307_01  3F_room_307_07

もう一つのモデルルーム(30●)号室、こちらは男性タイプ。住居は全部屋ベランダ付き。洗濯物を干すのに利用できるほか、日当たりも良いので料理に使える植物を育ててみても良いかも。

室内の備品はデスク、冷蔵庫、ベッド、クローゼットが付いています。クローゼットもベッド下も大満足の収納スペース!
 

blog_icon_facility_b10

 

1F_玄関_01

開放感のある空間で、心を優しくリセットしてみる。

休日になるとリビングの大型テレビでは決まって映画の鑑賞会が行われる。

観る映画はいつもシェアメイト同士の多数決で決まるのだけれど、大抵ハリウッドの大作物とか、日本で流行ったドラマの劇場版とか。それはそれで面白いんだけど、日頃からマイナーな作品を好んで観る自分にはちょっと物足りない。

そんなある日、通りがかったシアタールームの前で思わず足を止めた。ドアの隣のホワイトボードに書かれているのは、なんと自分の(多分人生で一番)好きな映画のタイトル!

思わずドアを開けると、数人のシェアメイトが部屋の中で映画を観ていた。
「この作品が好きな人に初めて会った」思ったことを口にする。シェアメイトはにやりと笑い、そばにあったクッションをぽんと自分に放った。

リビングへ入って左手、ガラス張りの窓から太陽の光が差し込むスペースは絶好の映画鑑賞スポット。
長年都内の劇場(ホール)の音響に携わった方がシェアハウスの空間設計メンバーとして加わり、85インチの大型テレビに七つの7.1サラウンドスピーカーと、本格的な環境が揃えつけは、ぜひ体験して欲しいとのこと。

***
ホテルのようにこだわり抜かれたデザインが魅力的な『シェアリザイド青葉台』。リビングや個室以外にも、チェックしていただきたい見どころは沢山あります!
仲間と肩を寄せ合って楽しめるシアタールームに、広々使えるバスルーム・・・・・・
以下で一つずつ見て行ってみましょう。

1F_シアタールーム_02 1F_女子パウダールーム_03 
リビングの隣に用意されているシアタールーム。ちょっとマイナーな映画観賞会をやるならここで決まり! 4階建ての『シェアリザイド青葉台』、男女別フロアと混合フロアに分かれています。各フロアにはお手洗いとランドリールームを用意。ランドリールームはなんと使用状況をスマートフォンで確認できるので非常に便利です。
1F_男子シャワールーム_02 1F_女子パウダールーム_01
バスルームは1階に。女性の方はフェミニンなデザインに、そして男性は黒と白を基調とした、洗練された雰囲気が魅力的です。ランドリーと同じく、浴室も空き状況がスマートフォンでチェックできる点が嬉しいポイント。 女性のバスルームにはなんとパウダールームも完備! 欲しくてもなかなか手を出せない美顔器も用意されていて、女性に嬉しい環境が揃っています。

 1F_玄関_03

 

 追求するのは、業界最高の『住みやすさ』

『シェアリザイド青葉台』を運営しているのは、ワイム総合企画株式会社さん。シェアハウスの他にもコワーキングスペースやレンタルオフィス事業を手掛けており、今回のシェアハウスもそれらのノウハウを活かして設計されています。

「『リザイド』っていうのは「residence(住居)」の動詞形なんです」。今回シェアハウスを案内してくださったのは、設計段階からシェアハウスの設立に携わった松本さん。

「入りたいと思った時にお風呂が空いてなかったり、リビングへ行っても十分なスペースが確保されていなかったり。シェアハウスに暮らす上でデメリットと言えるポイントを一つずつ潰しながら作りました」と話します。

 確かに住民全員がいても狭くないリビングや、常に使用状況が分かるバスルームやランドリーは、日頃共同生活を送る上では嬉しすぎるポイント。

 シェアハウスのプロによるこだわりがつまった空間、きっと極上の暮らしを体感することができるでしょう。

外観_01 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は神奈川県横浜市にあるシェアハウス『シェアリザイド青葉台』をご紹介しました。

都心や神奈川県内の主要スポットへのアクセスも便利な立地。シェアハウスならではのデメリットを排除し、利便性や住みやすさにこだわったホテルのような空間で、長く住める環境が揃っています。

せっかく新しい場所で暮らすなら、気に入った場所に長く住みたい。そしてそこがシェアハウスなら、勿論シェアメイトとの時間を楽しみたいし、ついでに言えば自分の時間も大切にしたい。

自分の好みにフィットする、そんな居心地の良い暮らしがあなたを待っています。

                                                   /Author: Natsu, Photo: Ishi