(fin)sca_collum_homestay_01

ホームステイと聞くと、みなさんどういったイメージをお持ちでしょうか?
最近では留学や海外長期滞在することのハードルも低くなりつつあり、こちらの記事を読んで頂いてるみなさんの身近にも留学やワーキングホリデーなどで海外に行かれたことがある友人がいるのではと思います。
おそらくそういった友人が周りにいる方は、いろいろな話を既に聞いた事があり、ホームステイへの不安もあるはずです。
今回はそんなバンクーバーのホームステイ事情を、お話しさせて頂こうと思います。

50%以上の人はイメージと異なるホームステイに、でも最後は楽しい思い出

おそらくバンクーバーに来る前にイメージするホームステイは、カナダの大自然の中の大きな家で、白人のファミリーと、一家団欒があるといったものだと思います。
実態は、カナダの住宅地の中で、アジア系ファミリーと、一家団欒が思ったよりは少ないというものです。
ただ、問題はこの実態が悪いのか?ということです。私は別に悪くはないと思っています。これがバンクーバーなんです。そしてなんだかんだ、最後はみなさん良い思い出で笑顔で帰国しているのです。

バンクーバーの住宅地といっても日本と全く違う風景で、大自然まで目と鼻の先。
アジア系ファミリーといっても日本語を話さないので、英語を使わないといけません。
一家団欒が多ければ、それはそれで少し面倒だなと思う方が多いのも日本人です。

こういった実態を把握した上で、前向きにホームステイ生活を送っていただければ、きっとホームステイも楽しく過ごせるはずです。
ホームステイでも、大自然近くのバンクーバーで、いろいろな文化も知りながら英語を使い、自分の好きなことをする時間もある。イメージと違ったとしても、結果は大した不満もなくむしろ楽しい思い出が残るのです。

sca_collum_homestay_02

いろいろなホームステイがあるけど、住めば我が家

 

今まで聞いたことのあるお家のケースについて紹介したいと思います。これはあくまで実際に聞いたことのある家や相談を受けた方の家の実態です。ちょっと極論になってしまいますので参考程度に読んでて下さい。ほとんどの家は普通のバンクーバーのお家ですし、多少イメージとは異なるのかもですが、心配しすぎて住めないなんてことは珍しい話です。

良い例

・ハワイ旅行にお金を払うことなく一緒に連れて行ってもらう。
・バケーション時にアメリカ西海岸をドライブしながらメキシコ旅行へ。
・週末は湖畔近くの別荘でのんびり生活。
・家族と仲良くなり、ホームステイ契約終了後、有り得ない家賃でそのまま住む。
・退去後も定期的に食事に呼ばれたり、一緒にピクニック行く関係に。

悪い例

・ランチボックスが2ヶ月全く同じメニューのチーズ&レタスのサンドウィッチ。
・お風呂のお湯を10分で切られ水でシャワー。
・トイレに行くにはシェアメイトの部屋を通ってしかトイレに行けない。
・食事をするテーブルはホストファミリーとは別々。
・ホストマザーに毎週末ボランティアへ連れて行かれ、活動は与えられたエリアの掃除だけ。

sca_collum_homestay_03

ホームステイに住む時の注意点

 

お家のルールを尊重

みなさんのお家にも自分では気付かないお家のルールがあるように、バンクーバーのお家も一緒で、各家で必ず家のルールがあります。ルールというと堅苦しいですが、そのお家ならではの、ちょっとした決まりで、例えると食器洗った後は乾くまで置いておくのか、あるいは拭いてすぐに食器棚に戻すのかといったようなものです。他にもゴミ捨て当番などです。

文化の違いには寛容に

世界中からの移民で成り立つカナダですから、いろいろな文化があります。そしてホストファミリーは大抵英語以外の言葉も話せます。海外生活はすべてが学びだと思うので、自分の国との違いがあれば、ぜひいろいろと楽しんで受け入れるようにしてみて下さい。

コミュニケーションをとること

ホストファミリーときちんとコミュニケーションをとることです。伝えないといけないことや意思を伝えることで、お互いにとってベストな住み方を見つかっていきます。そうやって暮らしながら英語も学んでいけるので、ぜひ社交的に接しましょう。

sca_collum_homestay_05

バンクーバーのホームステイ内容

 

探し方

ほんどの方は語学学校またはエージェント経由でホームステイに入居しています。最近はホームステイの評判もあまり良くなかったこともあって、学校やアコモデーション会社の努力で改善されつつあります。それでも、なかなか継続して良い家を紹介できることは困難。ですので、少々運なところがあるのも事実です。Sharehouse Canadaでは、運にならないようにお家探しができるサイト作りを心掛けていきたいと思います。

家賃

おおよそ月額$700〜$900で、平均は$800前後になります。お家の条件によっては$1000ぐらいする家もあります。間違いないのは高めの家であれば、ご飯のクオリティは安心できるのかなという感じです。$850以上だとご飯が悪かったという話も今の所聞いたことはないです。

場所

どの家も場所はダウンタウンまでおおよそ1時間以内の家です。バンクーバーで1時間以内というと1zone、2zone、場合によっては2zone寄りの3zoneも含まれます。もしカナダらしい大きなお家に住みたいのであれば、比較的2zoneのBurnabyやNorth Vancouverのほうがそういったお家に出くわすことが多いです。はじめて住む方は2zoneでも学校に通う間などであれば、特段に問題にもならないと思います。個人的には2zoneの方が好きです。

食事

食事はホームステイにおいて、本当に大事な要素です。朝に関しては、どの家もシリアルやパンやフルーツという大した差はないのですが、昼夜に関しては差が出てきますので要注意。昼は夜ごはんの残りなることも多いため、夜ごはんがどういったご飯になるかが重要ポイントです。これは、ホストファミリーのエスニックによって大きく異なります。パスタ好きな人は多いと思いますが、イタリア系の家で本当に毎日パスタだとウンザリだという方にも以前お会いしました。たまにランチがない家もあるので、お家に住む時はその辺も確認しましょう。

設備

ホームステイの家であれば、机・椅子・ベッドなど基本的に全て備わっており、大抵は身一つ入居できます。WiFiもお家には必ずあると思って頂いて良いです。消耗品のシャンプーやリンス、ボディーソープは自分で買うことがほとんどです。トイレットペーパーと洗剤はホームステイに含まれることもありますが、自分で買うことがあっても驚きではないです。

sca_collum_homestay_04

Sharehouse Canadaからのお願い

わたしどもの目標は、ホームステイに限らず、悪い例で書いたようなシェアハウスやホームステイにみなさんが住むことが無いようにする事です。貴重な限られた海外生活を充実した時間にして欲しいと願っています。
2015年時点4月時点掲載の家はすべて訪問済みでオーナーさん、運営者の方と会ったことがある家です。良い家は良い家と悪い家は悪い家とわかるような、みんなでシェアしながらこのサイト作っていけたらと思っています。
住み心地の良いバンクーバーをもっとみなさんで、さらに住みやすいバンクーバーにしていければと思います。お家の相談や、あるいは良いホームステイやシェアハウスを掲載したい方はお気軽にSharehouseCanadaへご連絡頂ければ嬉しいです。

 

最後にオススメのホームステイをご紹介

sca_collum_homestay_07

Yumiko Homestay
日本人ホストマザーでご飯は安心。日本語環境ですが、毎日美味しいご飯が待っています。1ヶ月短期も時期により可能ですので、始めにバンクーバーで生活を整えたい方などにとっては一番お勧めのお家です。

/Author:タカハシ

関連記事
さて、部屋を探そう!と思っても、どこに住んでいいか分からない。土地勘がないので、どの辺りがいいのか分からない。確かにそうです。初めての場所でのお家探しはどの辺がいいとか安全とか分からない...
英語を習得したら実生活で即実践!仕事につながるコースやインターンプログラムが充実した学校 2011年6月に開校したINUS Australia。今までの語学学校のスタイルとはまた違ったユニークな一...